東日本大震災支援活動

被災地石巻市 研修<甲斐RC>

2012~13年度大久保恵会長を中心に被災地の現状を知ること、被災地に足を運ぶことで、被災地に再び目を向ける事は、第二段階の支援になると現地視察を計画。
昨年度の支援物資活動で協力頂いた盛岡北RC田口絢子パスト会長より「現地を良く知るコーディネーターが同行で無いと視察効果が薄れるという」アドヴァイスのもと、震災直後から石巻市に入り様々な活動を続けている八代(やしろ) 現(あきら)氏(現在地元の保育園保父で大久保会長の従兄弟)のコーディネートにより7月30日(月)を7月28日(土)例会変更で被災地訪問例会を実施。

【参加者】
お 客 様
中沢龍雄甲府東RC会員、中林源吾 深澤友人、飯塚浩 深澤友人、飯野みづほ 入会検討中の方、 雨宮恵美入会検討の方

甲斐 R C
大久保恵会長、深澤由美子ガバナー補佐、大木勝彦会員、塩野恒司会員、塩沢昭二会員、溝口秀男会員、永井学会員、名取則明会員、清水厚博会員

総勢14名

日程予定 7月28日(土)  午前5時深澤宅出発

甲府(中央道)(首都高)=川口JCT=(東北道)=仙台南IC=仙台市内=松島

(昼食)12時30 コーディネーター乗車=奥松島野蒜地区視察14時=石巻

日和山公園視察16時30=鳴瀬奥松島IC=仙台 コーディネーター下車=

仙台南IC=夕食サービスエリア=甲府  29日00時20分 到着



 

大久保会長感想

東日本大震災から1年4ヶ月が経過したH24年7月28日(土)に「被災地視察例会」を開催致しました。訪問先のコーディネーターは震災後ボランティア活動を経て仙台に移住した私の従兄弟に依頼しました。東北道を走行中荒れた田んぼが目に入り、海が見えないこの場所でも津波の影響があったことがうかがえました。復興が進んでいると聞いていた通り、途中立ち寄った松島などは観光客も多く店舗も営業し賑わっていました。松島で昼食後、コーディネーターの案内で津波の影響をかなり受けた野蒜駅を視察しましたが、線路には海の砂が大量に押し寄せ支柱も折れ曲がったままで現在もこの区間は復旧していません。(2015年に駅を新設予定)

その後宮城県の中でも甚大な損害を被った石巻市内に入り高台にある日和山公園を視察しました。この地区は震災直後にニュースで何回も出ていた場所です。公園には大型バスでは駐車出来ない為、バスを降りて急な階段を登りました。大人が上っても急な階段ですが、6mを越える津波から避難する為に子供たちが黙々と階段を登った話を聞き胸が痛くなりました。公園から見た海岸付近のガレキの量の多さに驚愕しました。公園付近はお寺もありましたが津波の被害を受け倒れてしまった墓石も幾つかありました。復興は進んでいますが未だ手が付けられていない箇所も沢山あります。

ガレキ処理は全国全県で協力するべきだと思います。

八代氏から聞いた話ですが、昨年気温が暖かくなり夏にはなると悪臭や町中にハエ等の虫が大量に発生し、自動車を駐車していると虫が集り真っ黒になってしまったそうです。

1年以上経過しているのでそのような環境ではありませんが、現地入りして自身の目で見てこれからは今までとは違った復興のお手伝いも必要だと感じました。

ボランティアで活動する事が一番ですが、機会を設け今後も何回か訪問したいと思います。

強行スケジュールでしたが参加して下さいましたオブザーバーの皆様、会員の皆様、コーディネーターに御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

深澤ガバナー補佐感想

早朝にも関わらず一同被災地へ向かいということで多少高揚した気持ちで出発。
車中で既に被災地視察を経験していた永井会員から写真にてレクチャーを受け現地に臨んだものの、野蒜駅では曲がったままの線路や廃屋の駅舎。日和山公園(神社)では200段以上の急階段を「避難する子供たちも一言の泣き声も無く登ったんですよ!」とコーディネーターの説明に背中を押されて必死に上へ、そして眼下に目にした瓦礫や車両の山には声も出ませんでした。
自分の目で被災地を見る機会を得てもっと現地のロータリアンと復興を共有して山梨でも出来る支援を続けて行きたいと思いを強くいたしました。

 

清水厚博会員 入会1年目

津波で荒れ果てた多数の家屋や田畑、石巻の広場にあった津波の高さを示す柱を見て、津波の凄まじさを実感しました。
これまでテレビを通してしか見ていなかった被災地を実際に見ることができ、被災地復興への思いを新たにすることができました。

 

永井 学会員 入会1年目

被災地を訪れるのはこれが2度目でしたが、やはり完全復興までは遠い道のりがあると感じました。
ぐちゃぐちゃに破壊された野蒜駅、大きく積まれた被災瓦礫、倒壊し放置された家屋などなど、現地でしか体感できない風景を目の当たりにさせていただきました。震災から1年がたち、最近は話題に上ることも少なくなりました。
しかし、改めて現地を訪れた時、決して風化させてはいけない、まだ自分たちにもできることは沢山あるはずだと感じました。まずは視察させていただいた現状を、一人でも多くの方に伝え、復興は終わっていないだと伝えること。そしてロータリアンとして、一人の人間として、この山梨県からできることはなんでもしたいと心新たにいたしました。

 

甲斐ロータリークラブ
ガバナー補佐  深澤 由美子

東日本大震災チャリティコンサート<静岡西RC>

2012/6/6 18:30より静岡センチュリーホテルで行われた静岡西ロータリークラブ夜間例会に於いて、東日本大震災チャリティコンサートを行いました。

当日は、リコーダー奏者の入川眞理様とピアノ奏者の入川美智子様に約30分程の演奏をしていただき、会員はその素晴らしい音色に聴き入り、心が洗われるような気持ちになりました。

曲目は

  • 1. G線上のアリア
  • 2. スコットランドの歌による変奏曲
  • 3. くるみ割り人形
  • 4. シチリアーノ
  • 5. カントリーロード
になります。

当日チャリティボックスに集まった¥47,000はガバナー事務所を通じて寄付させて頂きます。

 

YouTubeURL
(夜間例会の動画をご覧になりたい方は、下記URLまたは画像をクリックして下さい)
http://youtu.be/yEZyHjtjjyw

静岡西ロータリークラブ
会報・IT委員   冨田 英児

静岡第6分区気仙沼支援プロジェクトに参加<掛川グリーンRC>

実施日:平成24年5月26日(土)

気仙沼支援プロジェクトは、浜松南ロータリークラブにてプロジェクトを立ち上げ、その後、静岡第6分区のプロジェクトとなりました。
掛川グリーンロータリークラブでは、そのプロジェクトに4名が参加しました。

水出し煎茶、お菓子、ゲーム、ピカチューの刺繍入りハンカチ(手作り)、朝顔の苗72鉢をワゴンに積み込み持参しました。
どれも大変喜ばれ、朝顔の苗は気仙沼市立大島小学校にプレゼントしました。

後日、気仙沼市立大島小学校の生徒からお礼の手紙が届きました。

 

大島小学校のみんな

お礼の手紙

 

掛川グリーンロータリークラブ

 

東北地方太平洋沖地震の2日後被災地域支援を発表

○東北地方太平洋沖地震支援
東北地方太平洋沖地震から2日後、国際ロータリー第2620地区中山正邦ガバナーは2010-2011年度会長エレクト研修セミナーにおいて東北地方太平洋沖地震で被災した地域に対する支援を発表しました。

国際ロータリー第2620地区の義捐金受付の合計金額は2011年4月18日現在 30,618,225円 となっている他、各クラブにおいてもクラブ独自の様々な支援活動を行っています。

平成22年3月13日 ガバナーエレクト研修セミナー 中山正邦ガバナー挨拶
YouTubeへ

災害支援活動報告<富士RC>

東日本大震災支援報告

富士ロータリークラブ

3月11日東日本大震災の支援の準備を進めていた当クラブは、被災地窓口のRI2520地区・楢山ガバナー(宮城、岩手地区)より受け入れ態勢完了の連絡を受け、5月12日支援品を発送した。
支援物資は、紙おむつ(大、小)100ケース。敷布団、タオル等寝具4ケース。醤油20ケース。トイレットぺーパー100ケース。

災害支援活動報告<甲府シティRC>

東日本大震災、緊急支援活動報告
<甲府南・甲府シティ・甲斐ロータリークラブ>

平成23年4月8日 (金曜日) 夜半に中央高速双葉サ竏茶rスエリアに集合。
NPO甲斐のめぐみ支援バス2台で出発。デコボコの東北高速道路を走り、翌9日朝一番で宮城県の避難所3か所に緊急支援物資の配布と、行政職員、看護師、ボランティアの交代要員を輸送しました。最後の避難所で被災者と共にすいとんを御馳走になりました。
現地のまさしく地獄絵のごとき風景はわたしたちに生々しい衝撃をあたえ、貴重な人生経験となりました。

① 訪問先 石巻市南境新水戸1、 石巻専修大学 災害支援センタ窶能r
② 訪問先 石巻市元吉町三島34竏驤€1 大谷公民館 避難所
③ 訪問先 気仙沼市本吉町寺沢35仙嚢寺 (センノウジ) 避難所

≪支援物資一覧≫
○リンゴ10箱 ○生理用品大型段ボ窶買謀10箱 ○紙オムツ2000個
○生卵400個 ○焼きそば50箱 ○白米500Kg ○飴類100箱 ○食用油20箱
○味噌20kg ○醤油20箱 ○砂糖50kg ○バナナ10箱 ○ラムネ10箱、
○金平糖1 0箱 ○鶏肉50Kg ○缶詰30箱○トマト缶20箱 ○パスタ10kg
○缶詰大和煮10箱○パスタソ竏茶X5箱 ○人参20kg○キャベツ30kg
○カップラ窶買<骭€50箱 ○男女衣類段ボ窶買謀20箱 ○灯油500 L


≪参加者一覧≫
■甲府南ロ竏茶^リ竏茶Nラブ 大村義之会長、野崎行廣幹事、遠藤 孝会員
依田道徳会員、鈴木由佳事務局員、その他有志中島周次郎様
■甲府シティロ竏茶^リ竏茶Nラブ 後藤臣彦会員、河村二四夫会員、その他有志望月 浩様
■甲斐ロ竏茶^リ竏茶Nラブ    酒井かおる会長

災害支援活動報告<南アルプスRC>

5月8日、国際ロータリー第2520地区ロータリーコーディネーター桑原様、仙台青葉ロータリークラブ鈴木会長様、石巻市社会福祉協議会の畑山様の御協力を頂き、大須賀小学校において、山梨の郷土料理(ほうとう)の炊き出しをさせて頂く事ができました。
1000食分の炊き出しと支援物資(お菓子、バナナ、タオル等)を車3台14人で行って参りました。
被災地の状況は、想像以上でしたが被災地の皆さんとお話ができ、笑顔を見られました。少しでしたが、お役に立てたかと感じました。
復興には、長い時間と労力が必要だと思います。『日本が1つ』になってそれぞれの立場で出来るだけのことをして行きたい行かなければと思います。

山梨第2分区ガバナー補佐 横内 富雄(南アルプスRC)

災害支援活動報告<石和RC>

2620地区より2520地区へ
うどんとカレーと野菜サラダを持参して行ってまいりました。

<東日本大震災支援活動報告>
山梨第一分区 石和RC
ロータリー情報委員長 長田達彦

3月11日 東日本大震災が発生して2周間経過したころ 3月末の例会においてこの話が持ち上がりました。
発起人はかつての阪神大震災の折 被災地支援をした経験のある古屋隆雄パスト会長であります。
「被災地の皆さんに暖かいうどんを食べてもらおう。1000食くらいなら仕込みと調理は俺がやるから」
「情けは人の為ならずって言うじゃんけ。」  石和ロータリーのサムライのこの二言で決まりです。
2520地区の伊藤事務局員さんと連絡を取り、いくつかの候補地情報を頂き、最終的に岩手県釜石市の釜石ロータリークラブの合田良雄会長と連携を取って進めることとなりました。

4月22日 朝から夕方5時ぎりぎりまで 会員夫人を大勢巻き込んでカレーを仕込み、2トントラック一杯にテントや発電機・鍋釜・食材・会員から寄せられた支援物資を積み込んで、総勢14名片道800キロの旅の出発です。

翌4月23日 現地はあいにくの雨でした。道すがら見える外の光景は・・正に目を覆いたくなる被災の傷あとそのものです。津波の押し寄せてこなかったエリアは一見なんともないようですが、道行く人たちは当然ですが元気なく力なく歩いています。 はじめは恐るおそると 「11時30分からうどんをお出ししますからべに来てくださいね」と声を掛けます。テントにある「石和」の文字を見て 「どこからおいでですか」
「山梨県です。富士山のふもとから来ました。」  「遠いところから御苦労さまです」
寂しいつらい中での笑顔を私たちに返してくれます。

食事時間帯になれば大忙しです。全国から支援活動のために大勢の日本赤十字社の隊員が集結していました。
彼らにも「月見うどん」をたくさん食べてもらい、若い元気な声に助けられながら せっせと うどんをつくります。
4か所の避難所になんとか約1000食の食事を出し終えて撤収作業に入ったのは夕方6時ころだったと思います。 かなりの強風と雨の中、だれも泣きごとを言わず、黙黙と片付けを進め帰路についたのは夜8時ころでした。
「もう少し被災地の人たちといろいろ話をしたほうがよかったかなあ」 後日の反省会での感想です。
広大なエリアで、ものすごい規模の震災にあわれた、大勢の方々にたった1000食の奉仕活動でしたが石和RCと姉妹クラブである韓国の東安養RCの温かい支援と 2つの地区事務所に助けて頂きながらどうにかこの度の震災支援活動を全うすることができました。
関係者各位に心よりお礼申し上げ、活動報告といたします。

災害支援活動報告<浜北伎倍RC>

5月1縲鰀5日で東北地方に仲間6名とツーリングに行きその折、福島のRI第2530地区ガバナー事務所に立ち寄り、浜北伎倍RC会員からの被災地 救援物資&義援金を大橋廣治ガバナーへお渡しして参りました。

その後被害の大きかった仙台市や松島、塩釜、名取市など現地を廻って悲惨な現場を肌で実感しこれからも継続して援助が必要と思いました。
浜北伎倍RC:平山雅浩

<救援物資&義援金目録>
①.ボールペン:200本②.ノートブック:200册③タオル(未使用185本)・(クリーニング済35本)④バスタオル、(クリーニング済30 本)⑤歯ブラシセット1,000本⑥入浴セット18個⑦即席カップラーメン96食⑧防塵マスク130ヶ⑨ゴミ収集袋大35枚⑩現場用作業手袋 35⑪義援金11,348円以上

災害支援活動報告<伊東RC>

伊東RC55周年記念3クラブ親善

「被災地支援チャリティーゴルフコンペ」

伊東RC創立55周年記念祝賀会と共に中止にしました「55周年記念ゴルフコンペ」が、『被災地支援チャリティー親善コンペ』として、4月28日川奈ホテル富士コースにて、伊東西ロータリークラブ、伊東ライオンズクラブの市内3団体にて復活開催しまた。

当日は、伊東RC齊藤会長、伊東西RC永井会長、伊東RC髙木会長エレクトはじめ植松次期AG、稲葉衛元AG、三津間元AGなど26名が参加しました。

参加者からの義援金5万円は、伊東市を通じて日本赤十字社に託します。

伊東RC55周年運営幹事  根本照久
伊東RCゴルフ愛好会幹事  小宮恒徳