静岡県内の活動

馬込川放流プロジェクト<浜松東RC>

昨今は、昔ほど子供が川で魚をとって遊ぶ様子をほとんど見かけることもなく、川自体も必ずしもきれいだとは言えない状況です。
そんな中、少しでも地域の川に関心を抱き、環境を良くするという意識を子供のころから持つことは大変意義のあることだと思います。

そこで我々浜松東ロータリークラブは、本年度から馬込川に川魚を放流し、浜松の豊かな自然環境づくりの一端を担うべく、魚の“放流プロジェクト”を立ち上げました。
そしてこの度その第1回目の放流作業を実施いたしました。

日 時:平成25年6月16日(日) 9時00分~
場 所:浜松市内船越公園南西の馬込川河川敷

P1000329

キャリア教育推進のための職業講話を実施<浜松東RC>

浜松東ロータリークラブの矢野雅明会員が講師となり、キャリア教育推進のための職業講話が、平成25年6月13日、掛川北中学 2年生 162名に対して行われました。
「社会人として求められる人材・学習の意義」という演題で、他人が受ける第一印象や表情・話し方について双方向であることの大切さ、自分の失敗談、人間力の大切さを講演しました。
講演内容について、生徒・先生方からも大変な好評をいただきました。

DSC00091

視覚障がい者映画鑑賞例会の開催<浜松ハーモニーRC>

浜松ハーモニーロータリークラブでは、日々奉仕活動の一環として本年度も視覚障害者の皆様と共に「映画館で映画を楽しむ」という企画を支援実行団体「シーンボイス」と共に1月16日実施いたしました。
視覚障害者の方々にスクリーン画面をご覧頂くことは不可能ですので画面の状況説明を音声化し、館内でFM電波にのせて受信機を通してお聞き頂き臨場感溢れる映画をお楽しみ頂くものです。

3年度目を迎える本事業は、これまで鑑賞用FM受信機を「シーンボイス」に30台寄贈を続けてまいりましたが、今回は画面説明用の音声作成に必要なノート型パソコンを寄贈させて頂きました。
当日は、シネマイーラにて視覚障害者の方々、浜松中ロータリークラブからの参加者及びクラブ会員ら約60人にて、「旅の贈りもの」が貸しきり上映され楽しみました。

この模様は中日新聞、だいいちTV、あさひTVに掲載、放映されました。

視覚障がい者映画鑑賞

竜頭山標柱再建<浜松東RC>

約25年前の昭和63年4月、当クラブは国際森林年の記念植樹を、佐久間の竜頭山山頂にて大規模に行い、記念標柱を建立しました。
しかしながら、その標柱は無残にも朽ち果ててしまいました。
そこで、昨年11月23日勤労感謝の日に、我々浜松東ロータリークラブが竜頭山の標柱再建を実施しました。

竜頭山標柱再建1 竜頭山標柱再建2

浜松東ロータリークラブ
広報委員  松野本 祐司

楽器博物館コレクションシリーズCDが「大賞」を受賞!<浜松東RC>

浜松東ロータリークラブが応援しております浜松市楽器博物館、嶋館長から喜びの連絡がありましたのでお知らせします。

「大変嬉しいニュースがあります。博物館がコツコツと企画制作して現在No.42まで出ている楽器博物館コレクションシリーズCDの中の、5月に発売した『イギリス・ソナタ~ブロードウッド・ピアノ 新世紀の響き~』が、今年度の文化庁芸術祭の参加作品レコード部門で、最高賞の大賞をいただけました。」

この文化庁芸術祭で大賞を取得することは並大抵なことではないようです。
関係者の方々は大変興奮されていました。とのことです。

※嶋館長のブログ(下記参照)に詳しく紹介されてますので、是非こちらもご覧ください。
http://gakkihaku.exblog.jp/19388792/



浜松東ロータリークラブ
広報委員  松野本 祐司

 

 

「久能山東照宮案内里程標塔」移設記念式典<清水北RC>

去る11月23日、再開発なった清水駅前「えじりや」横に「久能山東照宮案内里程標塔」が移設され、その記念式典が行われました。

当日は田辺静岡市長を初め、徳川宗家18代当主徳川恒孝様、清水北ロータリークラブ兼高会長他多数出席されました。
もともとこの久能山案内里程標塔は、清水駅から500メートル程西の線路際に立っていましたが、建物の陰で人目につかなかったので、今から35年前、当時の清水北ロータリークラブ藤原治男会長の発案により、より目立つ清水駅前に移設されたものです。

この久能山東照宮案内里程標塔には、ここから久能山まで11キロと表示されており、徳川家康生誕300年を記念して、大正4年、安倍郡と庵原郡の士族の方々が建立したそうです。

清水駅周辺にお出かけの折には是非ご覧下さい。


プレートA


プレートB


兼高会長


序幕

清水北ロータリークラブ 会長 兼高文雄
幹事 石川 彰

社会福祉法人 遠江学園へ機器寄贈と農作業支援<浜松RC>

社会福祉法人遠江学園は、身障者の就業支援事業として農業や軽作業で自立支援を指導しており、浜松RCが約30年前に故内田智康元ガバナーによって、グループ組織の養護施設子供園の支援を始めて以来、継続的に種々の支援活動をして参りました。

本年は鈴木会長の方針「見つめ直そう足元と世界を」により、学園の農作業を軽減すべく刈払機と非常用発電機を寄贈すると共に、会員やRACによる刈払機での草刈やブルーベリーの収穫作業を行い、今後共に会員が汗をかく農作業奉仕と共に梨や柿の農産物購入により、社会奉仕事業として継続して行くこととしました。

本事業は地区補助金制度により、事業評価を受け事業費の1/2相当の助成を戴いたことで実現出来たことであり感謝しております。 以下の文はクラブ会報に記載される原稿を載せました。

 

遠江学園への機器寄贈&農作業支援事業 
社会奉仕委員会       委員長 竹本宗一

今年度の社会奉仕委員会事業として、農産物の購入等で従来から支援して来ました社会福祉法人遠江学園において、7/29(日)に農作業用刈払い機5台と非常用ポータブル発電機3台を寄贈しました。
又、会員とRACによる草刈作業やブルーベリー収穫、会員夫人による手作りの焼きそばとバーべキュー、委員会が用意したくじ引き等で学園職員や施設利用者と共に楽しみながら交流が出来ました。

今年度鈴木会長の運営方針「見つめ直そう足元と世界を」の温故知新からも、従来の社会奉仕の継続事業に皆さんの協力を得て、一歩前に出る事業展開が出来たかと思います。
寄贈の機器製品は、2620地区補助金制度により、事業申請から社会奉仕事業として評価承認を受け、実施事業の1/2相当額の補助金を戴くことで実施出来たものです。

7/31のガバナー公式訪問時にこの地区助成に御礼を申し上げました。
更に中日新聞社並びに静岡新聞社とSBS放送においての取材記事掲載や放映がされ、無事に共に一日いい汗をかくことが出来た事に感謝いたします。
ご参加戴いた方には暑い最中の作業でお疲れ様でした。

参加人員は会員10名、会員夫人5名、RAC4名、事務局1名、学園職員7名、施設利用者10名計37名でした。

ツ黴€  

 

中日新聞と静岡新聞に掲載されました。

浜松ロータリークラブ
副会長  寺田 公一      委員長  竹本 宗一

ガバナー補佐 期首訪問及びクラブ協議会<浜松中RC>

安間ガバナー補佐及び中村ガバナー補佐事務局のお2人が当クラブ例会を訪問し、クラブ協議会を行いました。

ガバナー補佐からは、田中作次RI会長のテーマへの思い、それを受けての当地区ガバナーの活動指針伝達等の話がありました。

当クラブからは副会長及び全19の委員会の委員長が、今年度の活動計画について会員の前で発表を行いました。
(委員長欠席の場合は副委員長ないし副会長が代読)

最後にガバナー補佐から講評をいただきました。



浜松中ロータリークラブ
会長  水野 功

ガバナー補佐 期首訪問及びクラブ協議会<静岡日本平RC>

平成24年7月10日(火)、静岡南ロータリークラブ(岸本学会長)の第2728回例会に、松浦英彦ガバナー補佐と芦澤政弘事務局長ならびに桜井俊秀副事務局長(分区広報支援小委員会委員)が訪問し、松浦ガバナー補佐から挨拶の後、高野ガバナーの紹介ならびに本年度地区および分区方針の説明などを行いました。

例会終了後には、会長以下役員ならびに新会員の参加のもと、クラブ協議会が開催され、クラブ現況の説明を受け質疑を交わすとともに、今後の分区における諸行事に対する協力依頼などを行い、初回のクラブ訪問を無事終えました。




静岡日本平ロータリークラブ
静岡第4分区ガバナー補佐事務局  桜井 俊秀

リモコンマシン・アイデアバトルの協賛<浜松RC>

本事業は浜松RCが12年間継続している事業です。
事業資金援助と会員の参加を実施しました。

以下の文はクラブ会報に記載される原稿を載せました。

7月7日(土)浜松科学館で第12回大会が共催されました。ロボット技術の入門編であるロボット講座で、本大会に参加することにより、機能や構造を自分なりに考え、それを形にすることの面白さや自作のマシンを操作することの楽しさを体験するものです。

大会は熱戦が繰り広げられ、優勝は広沢小(藤田智也君)2位は入野小(久保隼人君)、3位は広沢小(渥美瑛将君)で父兄共々に熱くなる“楽しく学べるバトル”でした。

本事業は我がクラブの独自事業として「ものづくりの浜松」を標榜し、次代を担う少年が科学技術に関心を持つ契機となる社会奉仕の継続事業として更なる展開を計画しております。今後は、科学館が実施しているサッカーマシンジュニア大会とのコラボも検討し、スポンサー探し等の協力をして行きたいと思いますので、会員諸兄のご理解とご協力をお願いします。浜松RCの出席者は鈴木健一会長、寺田公一副会長、竹本宗一社会奉仕委員長、伊藤洋夫社会奉仕副委員長でした。




浜松ロータリークラブ
社会奉仕委員会
委員長 竹本 宗一   福会長 寺田 公一