「神明の花火大会」清掃活動<市川大門RC>

本年度も社会奉仕委員会事業として、神明の花火大会の観客へ「ゴミ袋の配布」と翌朝の清掃ボランティア活動を行いました。
ゴミ袋の配布は、8/7日(日) 午後4時 夏祭り大会本部前集合。
配布場所は町内10か所に分配して、ロータリアン・市川高校ボランティア部・JC峡南青年会議所会員が当クラブに協賛して、社会奉仕委員会の指導のもと、8000枚のゴミ袋を配布しました。

明けて8/8日 神明の花火大会清掃ボランティアを早朝例会としました。
朝5時45分 JAクリスタルホール前に集合。
早朝例会は、・会長挨拶 ・社会奉仕委員長の作業日程の指示。
夏まつり実行委員長 久保町長から、本日の清掃参加者は昨年の倍の800数十人の参加があり、市川大門RCから、今回の清掃参加の中高生に清掃のご褒美として「記念品」を贈られたことが披露されました。
朝のセレモリー終了後、参加者は、町内各地の美化清掃に廻りました。

今年の清掃活動で新しい発見として、神明の花火観客者のマナーが大変よくなり、ロータリーの美化啓蒙活動の成果が、ゴミ袋を配布することで功を奏したことが実感されました。





 

市川大門ロータリークラブ
社会奉仕委員会 委員長
小林 潔

カテゴリー: 山梨県内, 山梨第2分区, 市川大門RC パーマリンク